有酸素運動

メタボ対策として

脂肪燃焼効果を期待してウォーキングやランニングを行なう方が増えています。効果的な脂肪燃焼効果を得るための基礎知識を解説してみます。

有酸素運動とは

有酸素運動(Aerobics=エアロビクス)とは、長時間継続して行なうことができる軽い身体運動のことです。やや早めのウォーキングやジョギングなどが該当します

酸素を利用して脂肪を燃焼させる運動

なぜ有酸素運動と呼ぶかというと、呼吸で取り入れた酸素を利用して脂肪を燃焼させる運動だからです。

20分以上継続することが必要

やや早めのウォーキングやジョギングを始めて最初の約20分間程度は、体内に蓄えられたをエネルギー源を利用しますが、それ以降はエネルギー源の主体が脂肪に移っていきます。したがって、やや早めのウォーキングやジョギングは、 最低でも20分程度の運動が必要になります。

有酸素運動

参考:無酸素運動

短時間に力を発揮

有酸素運動とは反対に、無酸素運動というものもあります。 無酸素運動とは、短時間に強い力を出す運動のことで、呼吸から取り込んだ酸素だけでは足りず、 体内に備蓄されたエネルギーを利用することになります。

基礎代謝量を増やす効果

無酸素運動の効果としては、筋肉を鍛えることで基礎代謝量を増やす効果があります。

参考:基礎代謝量

安静時の消費カロリー

生きていくのに最低限必要なエネルギーの量(カロリー)を基礎代謝量と呼びます。基礎代謝量が増えると、何もしていなくてもエネルギー消費が多くなるので、太りにくい体になります。

基礎代謝量を増やすには

基礎代謝量を増やすには、筋肉の量を増やすのがひとつの方法になります。筋トレは無酸素運動です。つまり、無酸素運動で筋肉量を増やし、有酸素運動で消費量を上げる、という形になります。

サイトナビ

ウォーキングのカテゴリー

更新情報

Page Top ↑
有酸素運動とウォーキングについてのページです。
シューズ、スニーカー、サポーターの最新情報など Shoes Styleのトップへ戻ります。
Copyright (C) Shoes Style.net All Rights Reserved.