デザイン・配色の基本

【NIKEiD】ナイキiDの色の組み合わせは、ほぼ無限にあります。 デザインに自信があれば、無地の段階から自力でデザインすることも出来ますが、 無難に完成品をカスタマイズすることもできます。

配色に関しては、たとえセンスに自信がなくても、色彩の基本を利用することで、それなりに色をまとめることができます。

色の性質

色彩から受ける印象

色彩から受ける印象は、万人に共通するとは言い切れませんが、基本的には多くの人に共通する印象というものがあります。共通の印象は、さまざまな分野で色彩効果の計算に利用されています。

赤・橙・黄系。暖かい。飛び出る色。
暖色        
緑、紫系。温度を感じさせない色。
中性          
青、青緑系。クール。落ち着き。
寒色          
ソフト・柔らかい。明るくて彩度が低い。
軽い          
ハード・固い。後退感のある色。
重い          
鮮やかで明るい。
派手          

インテリア、服装などの色彩設計も、 暖色、寒色、軽い色、重い色といったように、多くの人に共通する印象を利用しています。

色彩効果の例

一般的に、明るくて鮮やかな暖色は手前に飛び出してくる印象があるので、「進出色」とも呼びます。また、暗くて彩度の低い色は奥へ後退していく印象があり、「後退色」と呼びます。メイクアップでは、この2つを組み合わせて立体感を演出します。 後退感のある暗い色のアイシャドーで深みを演出し、明るい頬のチークで進出感を演出すると、顔がより立体的に見えるという仕組みです。

配色

配色の基本

配色の基本としては、「赤-緑」「青-オレンジ」「黄-紫」といった、色相環(下図参照)の反対に位置する反対色(=補色)を組み合わせ、カジュアルな雰囲気を演出する「補色配色」、同系の色を組み合わせて落ち着いた印象を演出する「同系色配色」などがあります。

   nike-id  nike-id1

補色は目立つ

反対色の組み合わせは、目立ちますので、大胆なセンスが要求されます。反対色は香辛料のようなもので、全体の5%程度あるだけで十分に目立ちます。

配色は、テーマがあると決まりやすいと言えます。テーマに基づいた色の組み合わせについては、「配色パターン」「配色 組み合わせ」などで検索すると、さまざまな参考サイトが見つかります。

活用方法

デザインを保存できるマイ・ロッカー

【NIKEiD】ナイキiDのページ右上に、小さな文字で「myLOCKER / teamLOCKER」という項目があります。 ここには作りかけのデザインを一時保存しておくことができます。

ナイキロッカー
時間をかけてデザインしたいときに便利

チーム・ロッカー

NIKEiDを利用するとチームでデザインを共有することができます。 teamLOCKERは、チームのメンバーと一緒にデザインを共有したり、投票によって評価することができるスペースです。

ナイキチーム
チームでお揃いのカラーやロゴも。
サイトナビ

NIKEiD

更新情報

Page Top ↑
ナイキid(NIKEiD)のデザイン・配色についてのページです。
シューズ、スニーカー、サポーターの最新情報など Shoes Styleのトップへ戻ります。
Copyright (C) Shoes Style.net All Rights Reserved.